先輩スタッフインタビュー

H.M.さん

H.M.さん 30代 2018年6月入社介護職 正社員

制度が整い未経験でも安心して働けます!

前職は不動産営業をしていました。仕事自体にはやりがいもあったのですが、とにかく業務に追われる毎日で、休日も家に仕事を持ち帰らなければ仕事がこなせない状況。自分のためのインプットをもっとしたいと感じ、未経験ながら以前から興味があった介護業界に思い切って転職することを決めました。

学生の頃から人のためになる仕事をしたいという思いがあり、介護の仕事は当時から意識していました。新卒採用では縁のあった不動産関連の会社にお世話になりましたが、転職を意識したときから、介護業界で働きたいという気持ちは強くなっていました。日本ケアリンクに惹かれたのは、ソラストグループの安定感もありますが、スタッフのための制度がしっかり整い、スタッフを大事にしてくれる企業と感じたからです。

H.M.さん写真1

日本ケアリンクでは、中途採用でも「中途入社式」が実施されます。私も経験しましたが、「これから、ここで頑張るんだ!」という思いが強く確かなものになり、とても引き締まった気持ちになったことを覚えています。導入研修後はせらびに配属されますが、早々とコミュニケーション面談が組まれ、上長に不安や不満を相談することができます。私自身は特に相談することもなかったのですが、この面談は転職者の早期離職を防ぐ効果的な取り組みだと感じました。

H.M.さん写真2

「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」の資格取得費用が、全額キャッシュバックされる制度も魅力ですし、1~6等級までの明確な等級付け、キャリアアップ制度も魅力です。日本ケアリンクではさまざまな制度がしっかり整っているので、長く安心して働ける環境だと思います。介護業界未経験でも不安なく働けますので、介護職に興味があれば、ぜひチャレンジしてみませんか。

H.M.さん写真3
I.A.さん

I.A.さん 30代 2018年10月入社介護職 正社員

人の良さ、チームの良さが日本ケアリンクの魅力です。

これまで飲食業界、人材派遣の営業職を経験しています。人と接することが好きな性格でして、前職も仕事にはやりがいを感じていたのですが、仕事に慣れ余裕が出てきたときに、“自分が本当にやりたかった仕事かな”と迷いを感じるように。そんなときに思い出したのが、「人と接することが好きなあなたに、介護の仕事は絶対合っているわよ」というケアマネージャーをしている母と姉の言葉でした。

「いや、絶対に無理だから」と、それまで気にも留めなかったのですが、この頃から介護職を強く意識するようになりました。母親が高齢になり、いずれは介護に関わることになるという思いもありました。ソラストグループの日本ケアリンクを転職先に選んだのは、通勤の便利さと給与面の良さからなのですが、実際にせらび両国で働き始めて、働く人の良さ、チームの良さに驚きました。未経験でも本当に働きやすい環境だったのです。

I.A.さん写真1

トイレ介助、入浴とその誘導、服薬の介助など担当していますが、ショートステイのご利用者さまと接する機会も多くあります。ある女性のご利用者さまから入浴時に、「極楽。本当に幸せ。ありがとう。Iくんで良かった」と名前を覚えて感謝の言葉を頂戴したことがあります。これは嬉しかったですね。

I.A.さん写真2

介護職員初任者研修をスタートに、資格をしっかり取って、長く介護業界で活躍したいと思っています。母、姉と同じケアマネージャーになることが目標ですね。未経験で介護業界に飛び込むのは勇気がいると思いますが、ソラストグループの日本ケアリンクは人間関係の良さが魅力。資格支援制度もありますし、コミュニケーション面談等でスタッフの心身のサポートもしてくれます。介護業界未経験の方におススメできる環境ですよ!

I.A.さん写真3
A.A.さん

A.A.さん 30代 2018年11月入社介護職 アルバイト

自分の家族と一緒にいるように心が温まります。

介護のお仕事は初めてではなく、以前もデイサービスで1年半ほどアルバイトをしていたことがあります。学生なので、基本的に土日祝日しか働くことができませんが、日本ケアリンクが運営するせらび杉並でのお仕事はとても楽しくてやりがいがあります。ご利用者さまには認知症の方も多くいらっしゃいますが、接していると自分の親のように感じてきて、懐かしいような気持になります。

ソラストグループの日本ケアリンクは、私と同じミャンマーの知り合いに紹介してもらいました。アルバイト採用されてから、まだそれほど経っていないので、業務は朝の足湯や入浴の介助、食事やキッチン作業のお手伝いをしたり、ご利用者さまと一緒に体操をしたり、簡単なものが多いです。みなさん穏やかな方が多く、とても楽しく仕事ができています。

A.A.さん写真1

日本語学校で2年勉強したので、日本語での会話は大丈夫です。今の学校を卒業したら、介護の専門学校に通い、将来的には介護福祉士の資格を取りたいと思っています。なにも分からないまま日本に来ましたが、日本で学び、日本で長く働くと決めていました。家族にもそう話していますし、しっかり必要な資格を取って、できる限り長く日本で頑張りたいと思っています。

せらび杉並で働いていると、なんだか自分の家にいるような感じがして、とても心が温かくなります。この仕事が本当に好きで、ご利用者さまやスタッフとの触れ合いも楽しく、自分の家族と一緒にいるような感覚があります。学校を卒業して必要な資格を取ったら、その先は会社が許してくれる限り働き続けたいですね。それが私の今の希望なんです。

A.A.さん写真2
S.T.さん

S.T.さん 40代 2018年11月入社介護職 正社員

「こんなに自分に合った仕事があったのか」と驚きの毎日。

介護業界で働くのは初めてではなく、25歳から5年ほど特養ホームで勤務経験があります。このときは上長との人間関係に悩まされまして、最後は働く気力もなくなって辞めてしまったんです。ソラストグループの日本ケアリンクの求人に応募するまで、10年ほどフリーターでコンビニ勤務をしていたのですが、これは人間関係が希薄そうな気がして選んだ仕事でした。

ただ、気力が戻るに連れて、毎日、同じことを繰り返す単調な仕事に飽きてしまい、新たな仕事を探して求人情報を探すようになりました。特養ホームでの嫌な思い出も、この頃にはすっかり癒えていて、むしろ積極的に介護業界の求人を検討しました。その中で選んだのがソラストグループの日本ケアリンクで、求人応募から短期間で正社員採用をしてもらいました。

S.T.さん写真1

配属先のせらび荻窪では、入社からまだ間がないこともあり、今のところ担当するのは主にショートステイご利用者さまの入浴介助です。多い日には午前、午後合わせて8、9人ほどの入浴をサポートします。午前9時頃に朝食が終わりますので、バイタルチェックを行い、入浴時には近くに控えて見守りを行います。浴室はお一人では危険もある場所ですので、介助の時間は気が抜けません。

S.T.さん写真2

ありがたいことに、周囲のスタッフもご利用者さまも、本当に良い方ばかりで、なんの心配も不安も感じません。こんなに自分に合った仕事があったのかと、正直驚いているほどです。本来は人付き合いが好きなタイプですし、「なんでそんなに優しいの?」なんてご利用者さまに言っていただけると、心の底から嬉しくてやりがいを感じます。今後、取れる資格は貪欲に取って、将来的にはケアマネージャーになれたらいいですね。

S.T.さん写真3